作業療法|横浜市 精神科|常盤台病院 《 公式サイト 》
文字サイズ|標準
作業療法とは
作業療法とは、主に入院患者さんを対象に行われる、リハビリテーションのひとつです。
精神療法・薬物療法と同じように、治療の一環として行われています。
作業療法室
作業療法室
作業療法の目的
作業療法の目的には、以下のものがあります。
1
生活リズムを整える
  ・朝起きて活動し、夜はぐっすり休む
  ・生活リズムを保つことによって健康の土台作りをし、情緒の安定を図る
2
動く・休む のリズムをつかむ
3
楽しみや趣味につなげる
4
気分転換やストレス発散をする
5
体を動かし身体能力を維持する
6
作品を完成させたり、仲間から支持されることによって、自信をもつ
達成感や満足感を得る
7
集中力をつける
8
自分の気持ちを表現する力をつける
9
相談相手や話し相手を見つける
10
他者との交流により社会性・協調性をつける
11
退院に向けての不安を解消する
週間プログラム
   
午前
C棟
OT室
カラオケ
スポーツ
工芸
工芸
シネマクラブ
シネマクラブ
B棟
OT室
いこい
健康教室
スポッチャ
茶話会
喫茶店
午後
C棟
OT室
カラオケ
手工芸
【第2週】
DVD鑑賞
美容クラブ
手工芸
手工芸
B棟
OT室
療養スポーツ
いこい
いこい
【第1・3週】
コーラス
【第2・4週】
カラオケ
シネマクラブ
シネマクラブ
大集団プログラム
工芸・手工芸
患者様の状態に合わせて、創作活動、手芸等を行います
いこい
雑誌、音楽鑑賞、DVD鑑賞等、余暇活動を中心に行い、安心してすごせる場として利用できます
美容クラブ
顔のパックやマニキュア等を行い、身だしなみへの関心を高めます
療養スポーツ
網目のネットを使用した「ふまねっと運動」を行い、歩行能力の向上、認知機能の改善を促します
小集団プログラム (目的別プログラム)
喫茶店
紅茶を淹れる活動やグループ交流を通して、課題遂行技能や対人技能の向上を促します
もみじの会
季節の行事ごとに外出や茶話会を行い、他者交流や楽しみの体験をします
健康教室
栄養士の指導の下、健康的な食生活の獲得を図ります
スポッチャ
体を動かすことを通して、体力向上、ストレス発散、他者交流を促します
集団への参加が難しい患者さんには、
面接など、必要に応じて一対一の個別対応も行っています。
 
診療科目
精神科
外来診療時間
月〜金
9:30〜12:00/13:00〜15:00

9:30〜12:00 (予約制
交通アクセス
各線「横浜駅」からバス
相鉄線「上星川駅」からバス